知られざる火山をドローン撮影

自然界には人間が踏み込めない、未知の領域がある。

その実態の解明にドローンが役立っている。

今回の舞台は「世界で最も火口に近づける活火山」と言われている、バヌアツ領タンナ島にあるヤスール山。

SF映画のように耐熱服に身を包み、火口ギリギリまで近づく姿は命がけだ。

火口から勢いよく湧き上がる真っ赤な溶岩、焼けるような猛烈な熱さ、大地の震動が映像から伝わってくる。

人間では撮影不可能な活火山の空撮映像に成功したドローン。

撮影に使用されたドローン2機とも故障した事実が、その過酷な環境を物語っている。

ドローンが犠牲になり撮影した迫力ある映像は必見。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です